category刊行・講演・出演

『台湾原住民研究』第20号

trackback0  comment0
風響社より刊行されました(奥付では2016年11月20日)。
http://www.fukyo.co.jp/book/b283302.html

拙稿は「松本民芸館所蔵の台湾原住民族資料」(90-98頁)。
坂本磯次郎(著)「台湾高砂族タイヤル族セーダッカ支族慣習」
に解説も書きました(あわせて135-160頁)。

後者は戦前に現地勤務した警察官による貴重な記録です。

なお合田濤先生より、拙著『首狩の宗教民族学』
への書評もいただきました(245-250頁)。
スポンサーサイト
categoryシンポジウム・研究会・学会

『世界神話伝説大事典』(勉誠出版)刊行記念講演会

trackback0  comment0
標記、来たる3月26日(日)午後に同志社大学で開かれ、
篠田知和基先生の基調講演の後、3人がお話しします。
私は「東南アジアの神話」と題してお話しいたします。

司会は丸山顕徳先生。
参加費千円で、参加自由とのことです。

『世界神話伝説大事典』については、こちら。
http://bensei.jp/index.php?main_page=product_book_info&products_id=100526
categoryシンポジウム・研究会・学会

「東南アジアの神話」

trackback0  comment0
と題し、京都で3月26日に話をさせていただく予定です。
近くなったらまた告知いたします。
category刊行・講演・出演

『いかもの喰い 犬・土・人の食と信仰』もうすぐ出ます。

trackback0  comment0
新刊の拙著『いかもの喰い 犬・土・人の食と信仰』、
亜紀書房からもうすぐ出ます(奥付では3月7日発行)。
http://www.akishobo.com/book/detail.html?id=809
・・・・・・あ、今日から書店に届くようですね。
categoryシンポジウム・研究会・学会

国際島嶼教育研究センター研究会

trackback0  comment0
3月13日(月)鹿児島大学の国際島嶼教育研究センター研究会にて、
「なぜ私は首狩(くびかり)を研究するのか?」と題して話をいたします。
http://cpi.kagoshima-u.ac.jp/kenkyukai/notice-j.html
お近くでご都合のよい方、どうぞご参加ください。
New «‡Top» Old