category刊行・講演・出演

月刊みんぱく

trackback0  comment0
最新の『月刊みんぱく』41巻12号(通巻483号)、
http://www.minpaku.ac.jp/museum/showcase/bookbite/gekkan
「想像界の生物相」コーナーに(14–15頁)、
「祖先と敬われる毒蛇――台湾パイワン族の意匠」を寄稿。
お世話になった皆さま、ありがとうございました。
スポンサーサイト
category刊行・講演・出演

連続講演@ポーランド

trackback0  comment0
ポーランドのトルン市にあるニコラウス・コペルニクス大学にて、
政治学・国際関係論の助教を務めるマルチン・リシェツキ氏に
招聘され、英語による3回の講演をおこなってきました。

・11月16日に彼の学科にて、
To eat, or not to eat, that is the question:
On food preference and avoidance

・11月17日に日本学科にて、
Aspects of the Ainu culture:
Shamanism, caranke, and the master of animals

・11月20日に民族学・文化人類学科にて、
Eel, crab and deluge: Folk narratives of flood
in Japan and their parallels in Eastern Asia

という内容です。
マルチン君は幅広い興味・知識と優れた人格を有する研究者で、
話していてとても気が合う人だなと再認識しました。
category刊行・講演・出演

赤坂憲雄著『性食考』

trackback0  comment0
書評を書かせていただきました。
本日10/22付の『産経新聞』掲載です。

紙媒体の新聞では「人間の本質をまっすぐ探究」、
ウェブ版では「「食と性」生々しくも悪趣味でなく」との見出し。
http://www.sankei.com/life/news/171022/lif1710220012-n1.html

私なりの「聖俗・性食」論を考えてゆくヒント満載でした。
category刊行・講演・出演

ESTHÉTIQUE Vol. 3

trackback0  comment0
本日、掲載誌を拝受しました。
編集者のこだわりが隅々まで感じられる、
独特なたたずまいの雑誌。手に馴染みます。
http://bigakukenkyujo.jp/blog-entry-135.html
拙稿「神の来し方、神の行く末」は24-29頁。
「3G神論」はどこまで有効か……。
category刊行・講演・出演

リレーおぴにおん:肉食考

trackback0  comment0
『朝日新聞』紙上の標記の連載、今朝出た13回目に、
私へのインタビュー記事が出ました。
「食タブー 集団線引きの論理」という見出しです。
http://www.asahi.com/articles/DA3S13162674.html
New «‡Top» Old