categoryシンポジウム・研究会・学会

日本文化人類学会第44回研究大会:6月12・13日

trackback0  comment0
来たる6月12日(土)・13日(日)の2日間、
日本文化人類学会の第44回研究大会が
立教大学の新座キャンパスで開催されます。
http://www.jasca.org/meeting/44th/

今回わたしは発表せず、参加のみですが、楽しみにしています。
スポンサーサイト
categoryシンポジウム・研究会・学会

第53回印度学宗教学会学術大会(5月29日・30日)

trackback0  comment0
第53回印度学宗教学会学術大会が、
来たる5月29日(土)・30日(日)の2日間、
大阪国際大学守口キャンパス6号館4階で行われます。
http://www.oiu.ac.jp/access/index.html

私は2日目に「天体神話の諸問題」と題して
研究発表を行なう予定です。

プログラムは次のとおり。

第1日5月29日(土)
※ 学会受付(8: 30~)
※ 休憩室・クローク

□ 開会の挨拶(9: 00)
第53 回学術大会実行委員長 佐 島 隆
印度学宗教学会会長 後 藤 敏 文

□ 研究発表(9: 10~12: 10)
1. アダットと宗教―サラワク先住民研究をてがかりに― 土佐 美菜実 (東北大学)
2. ジュリア・クリステヴァにおける「唾棄すべきもの」の記号生成 斎藤 喬 (東北大学)
3. ヴェーダ祭式における発酵乳加工 西村 直子 (東北大学)
4. 初期R・ニーバーにおける「宗教」 澤井 治郎 (東北大学)
5. 出雲神在祭に見る他界 黄 緑萍 (東北大学)
6. ジュニャーナパーダ流における守護尊の受容と展開 菊谷 竜太 (東北大学)
7. 二つの宗教概念―インドネシア第一世代人類学者にみる― 相澤 里沙 (東北大学)
8. タウバの思想―ガザーリーとイブン・アラビーを中心に― 徳田 幸雄 (日本学術振興会)
9. R.オットーのヒンドゥー教理解とその問題点 澤井 義次 (天理大学)

□ 理事会(12: 15~12: 45)
□ 評議員会(12: 45~13: 15)

公開講演(13: 30~15: 10)
許せる宗教、許せない宗教 三 木 英 (大阪国際大学)
文化をめぐる寛容と非寛容の対立を超えて―文化相対主義から省察的他者論の試みへ― 田 中 雅 一 (京都大学)

課題研究「寛容と非寛容」(15: 20~17: 50)
司 会 佐 島 隆 (大阪国際大学)
ネパールの生き神クマーリー―ヒンドゥー教と仏教の信仰をめぐって― スダン・シャキャ(日本学術振興会)
米国における宗教的自由と寛容・非寛容 庄 司 一 平 (東北大学)
日本仏教が見たチベット仏教―河口慧海と青木文教を中心に― 高 本 康 子 (群馬大学)
宗教、国家、文化―アブドゥルラフマン・ワヒドの寛容思想― 木 村 敏 明 (東北大学)

□ 総 会 (18: 00~18: 50) 6 号館401 号室
□ 懇親会 (19: 00~21: 00) 守口キャンパス学生食堂

第2 日 5 月30 日(日)
□ 研究発表 (9: 00~12: 40)
1. 〈聖なる皇族〉と地域社会 茂木 謙之介 (東北大学)
2. インドの月神話からみる世界観 森田 未咲 (東北大学)
3. svargá-「天界」の原義について 笠松 直 (仙台高等専門学校)
4. 宮城県米川地区の社会運動とキリスト教布教 赤尾 智宏 (東北大学)
5. 実践思想としての仏教とケア論 斉藤 仙邦 (東北福祉大学)
6. 円谷幸吉の「自殺」の扱いにみる現代日本人の死生観 小林 輝之 (東北大学)
7. 修辞技巧「描写(svabhāvokti)」 足澤 一成 (国際交流基金)
8. 済世病院院長小林参三郎の信仰と治療 栗田 英彦 (東北大学)
9. 芸術系大学生のスピリチュアリティに関する意識について―アンケート調査から― 久保田 力、渡部 諭 (東北芸術工科大学)
10. 現代の弥治郎集落にみる木地屋のアイデンティティー 大蔵 徳幸 (東北大学)
11. ヴェーダーンタ思想における最高我(paramātman)について 吉水 清孝 (東北大学)

□ 研究発表 (13: 40~17: 40)
1. ネパール・ララ湖に伝わる神話を巡って 山田 智輝 (東北大学)
2. 寺院司祭の居住空間にみる浄・不浄観念―南インド・チダンバラムの事例をめぐって 飯塚 真弓 (京都大学)
3. 分析心理学における「夢と死」 大村 哲夫 (東北大学)
4. ヘーヴァジュラタントラの金剛歌とカトマンドゥの音楽 北田 信 (東方研究会)
5. イスラームにおける「原初の契約」 澤井 真 (東北大学)
6. M.エリアーデのルーマニア時代―学的基盤の確立と思想的背景― 佐藤 慎太郎 (東北大学)
7. 大漁祈願と魚類供養―豊浦地区龍王講の事例をもとに― 阿部 友紀 (東北大学)
8. 現代若者文化にみるクリスマス 小田島 建己 (東北大学)
9. 慈雲『梵学津梁』に書写された呪・經について 木村 俊彦 (四天王寺大学)
10. 天体神話の諸問題 山田 仁史 (東北大学)
11. 色は無常である考 村上 真完 (東北大学)
12. 日蓮およびその後継者たちと権力 間宮 啓壬 (身延山大学)

□ 閉会の挨拶
第53 回学術大会実行委員長 佐 島 隆

お問合せは、印度学宗教学会のサイトからどうぞ。
http://www.sal.tohoku.ac.jp/inshuu/
categoryシンポジウム・研究会・学会

第4回東北シャマニズム研究会:5月20日

trackback0  comment0
私も属している東北シャマニズム研究会ですが、
第4回の集まりが、来たる5月20日(木)に開かれます。

発表されるのは、大川真氏(東北大学大学院文学研究科
日本思想史研究室・助教)で、
「執拗くなる怨霊:江戸時代における憑霊と怨霊との対話」
と題してお話しいただきます。

場所は東北大学川内南キャンパスの文学研究科棟909で、
時間は17:30~19:00の予定です。

お問合せは研究会のブログからお願いいたします:
http://shamanism.blog48.fc2.com/
categoryシンポジウム・研究会・学会

「農業が環境を破壊するとき:ユーラシア農耕史と環境」会議(地球研、5月7日)

trackback0  comment0
5月7日(金)に京都の総合地球環境学研究所にて、
http://www.chikyu.ac.jp/

共同研究プロジェクト「農業が環境を破壊するとき:
ユーラシア農耕史と環境」(リーダー:佐藤洋一郎先生)
http://www.chikyu.ac.jp/sato-project/

の全体会議が開かれ、
「台湾原住民における焼畑」について報告する予定です。

クローズドな集まりですが、一応活動予定ということで。
New «‡Top‡» Old