categoryシンポジウム・研究会・学会

第35回日本口承文芸学会大会:6月4日・5日

trackback0  comment0
標記大会が、神戸女子大学にて開かれる予定です。
日本口承文芸学会では、以前に発表させていただいたこともあり、
思い入れを抱いているのですが、他の学会などと重なることが多く、
あまり出られないでいます。今年はできれば参加したく思っています。

学会のサイト
http://ko-sho.org/
には、まだ大会の情報は出ていないようです。
スポンサーサイト
category刊行・講演・出演

「日本における民族学的神話研究」

trackback0  comment0
3月30日付で刊行された『宗教研究』84巻4輯(367号)に、
昨年9月の日本宗教学会第69回学術大会の発表要旨が出ています。
http://buoneverita.blog89.fc2.com/blog-entry-44.html

松村一男先生代表のパネル「日本神話研究―回顧と展望―」の中に、
私の標記要旨(968-969頁)も掲載していただきました。
category刊行・講演・出演

篠田知和基(編)『愛の神話学』:3月25日刊

trackback0  comment0
篠田知和基(編)『愛の神話学』名古屋:楽瑯書院
が3月25日付で刊行され、拝受しました。
いつもながら美しい装幀の本です。

目次は国立国会図書館サーチに出ています:
http://www.iss.ndl.go.jp/books/R100000002-I000011152450-00

拙稿「台湾のシンデレラ?」(459-480頁)は、1月のシンポジウムで発表したものです:
http://buoneverita.blog89.fc2.com/blog-entry-64.html
category刊行・講演・出演

『新世紀神話研究之反思』刊行:2010年12月付

trackback0  comment0
2009年12月18・19日に台湾の國立中興大學中國文學系(台中)で開かれたシンポジウム
http://buoneverita.blog89.fc2.com/blog-entry-5.html
の報告書が刊行され、先日拝受しました。

陳器文(編)『新世紀神話研究之反思:第八届通俗文學與雅正文學國際學術研討會論文集』
(興大中文學報;第27期刊)台中:國立中興大學中國文學系、2010年12月刊
ISBN 978-986-02-4542-4(精装)、新台幣600元
です。

私の「臺灣原住民有關星辰的觀念與神話」(黄緑萍・譯)
は469-490頁に掲載していただきました。

目次は以下のとおりです。

【序】
陳器文「神話研究的新視野:代序」
【特稿】
楊南郡「踏查半世紀:台灣矮人的傳說與調查」
李豐楙「從玄女到九天玄女:一位上古女仙的本相與變相」
葉舒憲「從『太初有熊』到『太一生水』:四重證據探索儒道思想的神話起源」
【神話與圖像・美術考古】
陳器文「玄武龜蛇雙首勾環圖像探賾」
黃銘崇「東亞早期神話性題材的圖文關係研究」
朱存明「論中國古神話在漢畫像中的表現」
高莉芬「搗藥兔:漢代畫像石中的西王母及其配屬動物圖像考察之一」
劉惠萍「天文與人文:漢代墓室所見日・月畫像的功能與意義」
【《山海經》與神話傳統主題】
鹿憶鹿「明代日用類書〈諸夷門〉與《山海經》圖」
陳連山「《山海經》巫書説批判:重申《山海經》爲原始地理志」
鄭在書「是禪讓?還是簒奪?:對古代中國王權神話的解構分析」
松浦史子「似鳳四凶鳥之來歴:以日本尊經閣文庫本《天地瑞祥志》引《樂斗圖》為端緒」
田兆元「中國神話研究史的反思」
【神話推原與習俗儀式】
徐志平「從比較神話學觀點重探中國的天地分離神話」
魯瑞菁「端午龍舟競渡底蘊考」
陳泳超「夔龍是什麼龍?作爲地方信仰實踐的遠古神話」
鄭土有・賽瑞「流傳於浙江民間的盤古神話解讀:徐整所記盤古神話源於越地考」
【原住民與少數民族神話】
山田仁史「臺灣原住民有關星辰的觀念與神話」
呉曉東「蝴蝶與蚩尤:苗族神話的新構建及反思」
金繩初美「瀘沽湖摩梭人的神話及其生活意識」
瓦歷斯・諾幹「説故事的人:魯凱人歐威尼・卡路斯盎的土地與部落」
【現代神話的重寫與再創作】
楊利慧「表演理論及其對神話研究的啟示:兼談神話的綜合研究法」
鍾宗憲「現代神話小説比較研究:以〈奔月〉・〈最後之箭〉爲例」
傅錫壬「神話巧思在電影中的妙用」
【跋】
葉舒憲(答客問)廖明君(執筆)「迎接神話學的範式變革」
林富士「神話與歴史」
categoryシンポジウム・研究会・学会

第856回日本民俗学会談話会:5月8日

trackback0  comment0
この会は、2010年度民俗学関係修士論文発表会を兼ね、
当研究室の修了生も発表予定です。
5月8日(日)13:00~17:30、成城大学にて開催されることになっています。
http://www.fsjnet.jp/regular_meeting/next_time.html
category未分類

ブログ再開

trackback0  comment0
3月11日のショック、そして13日に携帯から投稿して以来、
とうに一ヶ月以上経過しましたが、なかなか心が平静を取り戻せませんでした。

あの日の夕方、恐怖にこわばり、しばらく口をきこうとしなかった息子、
数日経ち、食料を求める人々が行列を作っていたパン屋、八百屋の光景、
先月末に目にした、仙台市荒浜の海岸にいくつも捧げられていた花束、
その近くの冠水した田圃で、茶碗を洗っていた老夫婦……。

さまざまな情景が脳裏をめぐります。

あたたかいお見舞の言葉をたくさんいただき、大変ありがたく、心強く思いましたが、
比べものにならないほど辛い思いや苦しい生活に耐えている方々を思うと、
申し訳ない気持ちになることも多々ありました。

「がんばろう東北」という言葉を見聞きしますが、
関東などでもいろいろな被害や影響が出ており、心苦しい気がすることもあります。

しかしそんな中、この週末は仙台でも鎮魂の花見が行われていました。
私自身は参加することはありませんでしたが、今年も咲いてくれた桜を見て、
少し気持ちを切り替えていかねば、と思わされました。

このブログの内容は、なるべく公的なことにしぼってゆくつもりですが、
今回は、コメントや拍手をくださった方々への謝意も込めて、
いつもとは違った調子で書かせていただきました。
New «‡Top‡» Old