category刊行・講演・出演

狗肉の食とそのタブー(下)喰われる犬、飼われる犬

trackback0  comment0
味の素 食の文化センターの『食文化誌 ヴェスタ』に連載させていただいた
「狗肉の食とそのタブー」の最終回(標題)掲載の第86号(2012年春号、5月1日発行)
を本日拝受しました。44~47頁に載っています:
http://www.syokubunka.or.jp/vesta/no86.html

ちなみに(上)は「台湾「香肉」と犬肉食の分布」、
http://buoneverita.blog89.fc2.com/blog-entry-101.html
(中)は「犬食い(キュノファゴイ)略史」、
http://buoneverita.blog89.fc2.com/blog-entry-107.html
というものです。

『ヴェスタ』編集部の皆様ほか、多くの方々にお世話になりました。
しかし犬肉食への偏見が存在するのも確かなので、最終回末尾の謝辞では、
お礼を申し上げるべき方々のお名前をイニシャルだけ挙げています。
スポンサーサイト
category刊行・講演・出演

「シベリアの洪水伝説」

trackback0  comment0
昨年10月に地球研で「シベリアの洪水伝説」について行なった発表
http://buoneverita.blog89.fc2.com/blog-entry-102.html
をもとに、このほど刊行された報告書に、少々書かせていただきました。

報告書は、藤原潤子/檜山哲哉(編)
『平成23年度FR3研究プロジェクト報告 温暖化するシベリアの自然と人:
水環境をはじめとする陸域生態系変化への社会の適応』
(地球研プロジェクト C-07)京都:総合地球環境学研究所、2012年3月
というものです。

私の「シベリアの洪水伝説:災害体験の継承方法としての神話」は、
165-182頁に掲載していただきました。

一般には流通しない刊行物ですが、ご報告まで。
お世話になりました藤原様はじめ皆様、ありがとうございました。
New «‡Top‡» Old