categoryシンポジウム・研究会・学会

口承文芸モチーフの分布と伝播:10/18

trackback0  comment0
去る10月18日(土)、白百合女子大学(東京都調布市)において、
日本口承文芸学会第67回研究例会として、
シンポジウム「口承文芸モチーフの分布と伝播」が開かれました。
http://ko-sho.org/page/activity/reikai/reikai_067.html

斧原孝守先生「東アジアにおける昔話モチーフの分布」、
直野洋子先生「ユーリー・ベリョースキンによる神話のコンピューター・
データベースとモチーフ「人はなぜ死すべきものとなったか」の世界分布」
に続き「環太平洋の神話:分布・伝播研究のために」と題し発表しました。

コーディネートしてくださった齋藤君子先生、会場など多々お世話
くださいました会長の間宮史子先生ほか皆さまに、お礼申し上げます。

以上、事後報告でした。
スポンサーサイト
category未分類

リルケ『秋』

trackback0  comment0
この季節になると、
リルケの詩『秋』(Herbst)を想い出します。

Die Blätter fallen, fallen wie von weit,
als welkten in den Himmeln ferne Gärten;
sie fallen mit verneinender Gebärde.

Und in den Nächten fällt die schwere Erde
aus allen Sternen in die Einsamkeit.

Wir alle fallen. Diese Hand da fällt.
Und sieh dir andre an: es ist in allen.

Und doch ist Einer, welcher dieses Fallen
unendlich sanft in seinen Händen hält.

木の葉が身をよじりながら落ちてくるように、
我々もみな落ちる。そしてその落下
(傷病、苦悩、老化、没落、別離・・・)にあって、
我々もまた、それを否定し、抗おうとする。

しかし大いなる者が、限りなくやさしい両手で、
我々を受け止めてくれる、という・・・。

いろいろな解釈が可能なのだと思いますが、
私はこんなふうに読んできました。

リルケとは誕生日が同じらしいこともあって、
なにか親近感を抱いています。
category刊行・講演・出演

マックス・ミュラー『比較宗教学の誕生:宗教・神話・仏教』

trackback0  comment0
10月1日付で、フリードリヒ・マックス・ミュラー著
『比較宗教学の誕生:宗教・神話・仏教』が、
松村一男・下田正弘先生の監修、久保田浩・日野慧運先生と山田の訳で、
宗教学名著選の第2巻として国書刊行会から出版されました。
http://www.kokusho.co.jp/np/isbn/9784336056894/

私は、
「比較神話学」(5〜148頁)、「『宗教学論集』序文」(149〜168頁)、
「神話の哲学について」(169〜210頁)を翻訳し、
解題(それぞれ537〜541、542〜545、546〜550頁)を執筆しました。
category読書会・勉強会

後期の古アイルランド語勉強会、開始。

trackback0  comment0
今日から後期の古アイルランド語勉強会を始めました。

教科書として使用しているSengoídelc
(David Stifter著、2006年刊)の第46課まで来ています。

比較級を学びましたが、面白かった例文:
"is sochraidiu lám ol-dó-sa" ol coss.
英訳:"Hand is more handsome than I am" says Foot.

「手は俺よりかっこよくていいなあ」と足が言うって・・・。
どんな文脈に出てくるのか調べてませんが、笑えます。
category刊行・講演・出演

南直人(編)『宗教と食』

trackback0  comment0
標記の書籍、食の文化フォーラムの32冊目として、
10月10日付でドメス出版から刊行されます。
http://domesu.co.jp/

私は第1章「諸民族の信仰と食」(18〜41頁)を執筆しました。
宗教と食・・・実に奥の深いテーマで、読み甲斐のある一冊です。
category刊行・講演・出演

岡正雄『古日本の文化層』書評が出ました。

trackback0  comment0
民族学者として国際的に活躍した岡正雄(1898〜1982)
http://ja.wikipedia.org/wiki/岡正雄
がウィーン大学に提出した「幻の博士論文」、
Kulturschichten in Alt-Japan (1932–35)が一昨年刊行されました。
http://www.biersche-verlagsanstalt.de/

その書評をこのたび、『文化人類学』誌の第79巻2号に、
書かせていただきました(182-184頁)。
奥付では2014年9月30日発行ですが、昨日拝受しました。
New «‡Top‡» Old