category刊行・講演・出演

『五大陸博物館所蔵シーボルト・コレクション関係史料集成』

trackback0  comment0
国立歴史民俗博物館から3月31日付で刊行されます。

拙訳が掲載されています:
・「国王ルートヴィヒ二世あてフィリップ・フランツ・フォン・シーボルト書簡」
 (86-90頁)
・「アレクサンダー・フォン・シーボルトによるミュンヘン五大陸博物館所在
 の彼の父親のコレクションに関する目録」(櫻庭美咲先生と共訳、91-165頁)
・「モーリッツ・ワーグナーによるバイエルン国政府への請願書草稿」
 (167-177頁)

今後のシーボルト研究に少しでも役立つことを願っています。
スポンサーサイト
category刊行・講演・出演

ヴィヴェイロス・デ・カストロ著『インディオの気まぐれな魂』書評

trackback0  comment0
書きました。4月2日付の『図書新聞』に掲載されています。
http://toshoshimbun.jp/books_newspaper/week_article.php
category刊行・講演・出演

『アジアの人類学』第2刷

trackback0  comment0
2013年4月8日付で初版が出た『アジアの人類学』
(片岡樹・シンジルト・山田仁史編、春風社)、
http://shumpu.com/archives/6721

来たる3月30日付で第2刷が出ます。
いくつか修正が施されている他、執筆者紹介欄がアップデートされています。
category未分類

台湾原住民族諸語の辞典類

trackback0  comment0
この間、愛用している外国語辞典について書きましたが、
http://buoneverita.blog89.fc2.com/blog-entry-257.html
当然ながら、もっと専門的な辞典も研究用に持っています。

たとえば台湾原住民族諸語の辞典類。

『言語学大辞典』(全6巻、三省堂、1988-2001年)へ、
土田滋先生が寄せられた諸項目に概要が出ており、
私の学位論文(2002年、20-23頁)でも採り上げていますが、
https://edoc.ub.uni-muenchen.de/7335/
(論文執筆の際には、この原語表記にかなり苦労しました)
その後新しい辞典がいろいろと出ているので、更新・整理してみます。

【タイヤル(アタヤル)語】
・Egerod, Søren. 1999. Atayal-English Dictionary, 2nd ed.
(Historisk-filosofiske Skrifter; 20).
Copenhagen: The Royal Danish Academy of Sciences and Letters.

【ブヌン語】
・Nihira, Yoshiro[仁平芳郎]. 1988. A Bunun Vocabulary, 3rd ed, enlarged.
Tokyo: アド・イン.

【パイワン語】
・Ferrell, Raleigh. 1982. Paiwan Dictionary. (Pacific Linguistics, Series C;
No. 73). Canberra: Department of Linguistics, Research School of
Pacific Studies, The Australian National University.

【アミ語】
・呉明義 2013『阿美族語辭典』台北:南天書局

【プユマ語】
・Cauquelin, Josiane. 2015. Nanwang Puyuma-English Dictionary.
(Language and Linguistics Monograph Series; 56).
Taipei: Institute of Linguistics, Academia Sinica.

【タオ(ヤミ)語】
・董瑪女/何德華/張惠環 2012『達悟語辭典』台北:國立臺灣大學出版中心

【パゼッヘ語】
・Li, Paul Jen-kuei[李壬癸]& Shigeru Tsuchida[土田滋] 2001.
Pazih Dictionary. (Language and Linguistics Monograph Series; No. A2).
Taipei: Institute of Linguistics (Preparatory Office), Academia Sinica.

【サオ語】
・Blust, Robert. 2003. Thao Dictionary.
(Language and Linguistics Monograph Series; A5).
Taipei: Institute of Linguistics (Preparatory Office), Academia Sinica.

【シラヤ語】
・Adelaar, Alexander. 2011. Siraya: Retrieving the Phonology, Grammar and
Lexicon of a Dormant Formosan Language
.
(Trends in Linguistics, Documentation; 30). Berlin: De Gruyter Mouton.

【クヴァラン(カバラン)語】
・Li, Paul Jen-kuei & Shigeru Tsuchida. 2006. Kavalan Dictionary.
(Language and Linguistics Monograph Series; No. A19).
Taipei: Institute of Linguistics, Academia Sinica.

これらの他、「原住民族語言線上詞典」というオンライン辞書もあります。
http://e-dictionary.apc.gov.tw/Index.htm

また、『番族慣習調査報告書』(全8冊、1915-22年)および
『蕃族調査報告書』(全8冊、1913-21年)という二大シリーズの
中国語訳が昨年完結し(台北:中央研究院民族學研究所刊)、
これらの索引も一種の語彙集として利用できるようになりました。
New «‡Top‡» Old