category未分類

ドイツ語による民族学辞典

trackback0  comment0
私の愛用している、ドイツ語による民族学辞典:

(1)Hirschberg, Walter (Hrsg.) 1988.
Neues Wörterbuch der Völkerkunde.
Berlin: Dietrich Reimer Verlag.
もう何度も引いて使い込んでいます。
編者のヒルシュベルクの友人だった、岡正雄が
日本人民族学者として唯一立項されています。

(2)Hirschberg, Walter (Begr.) 2005.
Wörterbuch der Völkerkunde, 2. Aufl.
Berlin: Reimer.
(1)の改訂最新版。参考文献がアップデート
されているのは評価できますが、少々、
ドイツ語圏民族学の特色を失った感もあります。

(3)Hirschberg, Walter (Hrsg.) 1965.
Wörterbuch der Völkerkunde.
(Kröners Taschenausgabe; Bd. 205).
Stuttgart: Alfred Kröner Verlag.
(1)のもとになった辞典。初の総合的辞典でした。

(4)Streck, Bernhard (Hrsg.) 2000.
Wörterbuch der Ethnologie, 2. Aufl.
Wuppertal: Peter Hammer Verlag.
中項目主義の辞典。Nutzpflanzen(有用植物)の項目
など、充実しています。巻末のミニ人名辞典も便利。

(5)Panoff, Michel & Michel Perrin. 2000.
Taschenwörterbuch der Ethnologie, 3. Aufl.
Berlin: Dietrich Reimer Verlag.
もと1973年にフランス語で出た辞典のドイツ語版。
英・独・仏の術語対照表などが便利。
スポンサーサイト
category未分類

よみがえれ!シーボルトの日本博物館

trackback0  comment0
私も関わらせていただきました標記の特別展、
歴博を皮切りに間もなく巡回開始です。
http://www.museum.or.jp/modules/jyunkai/index.php?page=article&storyid=311

図録もすばらしいものになりそうです。
http://www.seigensha.com/newbook/2016/06/07124313
category読書会・勉強会

中期アイルランド語勉強会

trackback0  comment0
有志とつづけており、今は動詞の変化をやっています。
今日やったのは未来形、次回は過去形の予定。
なかなか複雑で難解ですが、何とかついて行きます。
categoryシンポジウム・研究会・学会

比較神話研究会

trackback0  comment0
8月1日、東京にて比較神話研究会が開かれ、
私も発表する予定です。

セミ・クローズドな会ですが、近くなりましたら
改めてこのブログでお知らせしたいと思います。
New «‡Top‡» Old