category読書会・勉強会

ゲール語(アイルランド語)勉強会

trackback1  comment0
ケルト神話に情熱を燃やす同志に後押しされる形で、
ゲール語(アイルランド語)勉強会を始めました。
おそるおそる、かつこぢんまりと・・・。

梨本邦直『ニューエクスプレス アイルランド語』(白水社、2008年)
をテキストとして現代アイルランド語の文法をおさえつつ、

ガルホール/三橋敦子『ゲール語四週間』(大学書林、1983年)の後半
300~319頁所収の「オシーン物語」を講読しています。

辞書代わりに利用しているのは、三橋敦子編『ゲール語基礎1500語』
(大学書林、1985年)です。

未知の言語ですが、少しずつ景色が開けていく感覚は大変嬉しいものです。
だんだん軌道に乗ってきたので、ご報告する次第です。

一応、上記テキストを今年度前半で終え、後半からは
ゲール語の古語に挑戦していくつもりです。おそるおそる・・・。
スポンサーサイト
 









        
 
http://buoneverita.blog89.fc2.com/tb.php/120-40aad98c
まとめtyaiました【ゲール語(アイルランド語)勉強会】
ケルト神話に情熱を燃やす同志に後押しされる形で、ゲール語(アイルランド語)勉強会を始めました。おそるおそる、かつこぢんまりと・・・。梨本邦直『ニューエクスプレス アイルランド語』(白水社、2008年)をテキストとして現代アイルランド語の文法をおさえつつ、ガ...